アルバイトは、正規職員やパートなどのような雇用契約などによる労働形態にはよらないそれ以外での労働契約(請負・報酬委任・有償寄託等)による労働形態での地位なので、社会保険や労

アルバイトは求人情報を良く見ること

アルバイトへのぞむ、心構え

アルバイトは求人情報を良く見ること
アルバイトは、正規職員やパートなどのような雇用契約などによる労働形態にはよらないそれ以外での労働契約(請負・報酬委任・有償寄託等)による労働形態での地位なので、社会保険や労災などの保障の対象にはならない場合などもあるので注意が必要です。そういった労働形態での地位といえるものですが、実はこのアルバイトとしての地位を上手く使い分けていく方法なども存在します。事業者が運営をしている場で働くカタチでのアルバイトは、兼業をしたりしないことが無難です。

ましてや同じ業界同士での兼業などの場合には、様々な同じ業界内でのつながりがあることから、個人情報自体が全て流布されている可能性があり、このため兼業での応募自体が困難な場合なども有り得ます。こうしたこともあり、事業者のもとでのアルバイトは一箇所のみにして、後はWeb上でのアルバイトを2、3箇所くらい確保していくことが無難かもしれません。ただし、現在就いているアルバイト先である事業者自体もどういったカタチで把握したりするのかわからないので、注意が必要です。

また、たとえ現在のアルバイト先からの許可や承諾などがあったとしても、少しでも勤務懈怠などがあったりしたら仕事面での信用を疑われたりするので要注意といえます。こうしたことからも、なるべくWeb上でのアルバイトに関しての情報はなるべく漏らさないことが大切です。